MMオフィシャルブログ

福岡の大学生。人と会うことや人との会話は最近は増えました。ありがとうございます。私と遊んでください。

気を付けた方がいい、女子はグループLINEにすぐスクショ貼るから

 

 

 

 

【お詫び】

 

先に断っておきます。ごめんなさい。

 

 

いいですか、これは保険をかけています。

わたしは先に謝ることで保険をかけているのです。

 

 

 

今から読む文章を

「よくわからんやつがよくわからん戯言を色々言ってるな」

くらいの広い心で読み進めていただくことをお願いいたします。

 

  

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

コミュニケーションの手段として、

テキストでのやり取りがごく一般的になっている現代。

 

 

 

対面や電話などでコミュニケーションをとる前に、まずはメールやラインなど「文字のみ」を使用したやり取りが行われることは珍しいことではない。

 

 

でもこのコミュニケーション、文字だけのやり取り故に、表情は勿論、言い回しの微妙なニュアンスや感情を伝えることが難しく、会ってもいないのに相手に悪い印象を与えてしまうこともよくあるとおもう。

 

 

そしてそれを避けるために、人はテキストコミュニケーションにおいて様々な工夫をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、本当にその工夫は活きているのか?

 

 

実は裏目に出ているんじゃないか?

 

 

ていうか裏目に出ているよ???

 

 

 

 

え?そのLINE、多分スクショされて女子のグループLINEに晒されてるよ??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母の教育が実りに実ったせいか

私の貞操観念はウォールマリア並みの高さ、持ち合わせるのは全然可愛くない無駄に強い警戒心。

 

その結果、

対面前のテキストコミュニケーションにおいてはあらかじめ「この人、実はくそつまんねーんじゃないか?」「地雷なんじゃ??」を見抜こうとしがち。

 

 

もうほんと、こういうところがモテない原因だと自分に都合の良いように思っていたが別にそれが理由でモテないわけではなく、

私以外の女子もこの見抜くスキルを当たり前のように会得していることが長年の調査により判明した。 

  

 

そこで今回は、私の超極薄スリムな経験と私の周囲の友人(美人多め)からの声、

そしてその他インターネットでの調査を基にして「面白くない可能性のあるメンズとしてみなされるフラグ」なるものを考えていきたい。

 

言ってしまえば少し前に流行った「おじさんあるあるLINE」みたいな感じ。

 

 

勿論、例外はどこにでもあるので、

今からあげるようなやり取りをする人が本当に面白くないとは絶対に限らないし、あくまでフラグとして理解して下さい♡ごめんなさい♡

 

それと、私のことは嫌いになってもまたすぐに好きになってください♡

 

本当にお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、以下のやり取りを見てほしい。

 (これは自演なので、わたしに送られてきたものではない)

 (こういうネタにできるLINEすら送られてこない)

 f:id:sabamisoumai:20170725190039j:image

 

ひとつひとつまあまあ丁寧に突っ込んでいきたいと思う。 

 

 

【フラグ1 「笑」の使い手】

(笑)を使うことの否定ではない。

冗談なのに、冗談かどうか文字だけだと伝わりにくいその感じ、よくわかる。

 

ここで言いたいのは(笑)に逃げていることについて。

とりあえず(笑)をつければいいと思っているならばそれは勘違いである。

 

 

 まずこれ

f:id:sabamisoumai:20170725190136j:image

 

は?何笑ってんだ???

久しぶりになにも笑う要素はないけど??

 

そして人を誘うのに何笑ってんだ。

完全に(笑)に頼りすぎてる。

 

たとえこの後断られたとしても、事前に(笑)をつけておくことによって

「いや、まあ冗談だし、まあこっちも軽いノリだし(笑)」

というなるべく痛みを拡げないで済むような予防線を張っているようにしか感じない。

 

 

人生はトライ&エラー。

笑)に保険をかけるな。

 

 

 

 

【フラグ2 「マジか笑笑」】

f:id:sabamisoumai:20170725190348j:image

 

 

は?????

 

 

笑を二個づけするほど笑うところないしマジだよ。

 

「マジか笑笑」 ほどつまらん返しはないし、そんなに面白くないのに「笑笑」の2個付けはなんかすごいムカつくというのは割と女子の共通認識らしい。

 

※単にこちらに興味ゼロで「まじか笑笑」という返しを敢えてされている場合もある。

その場合は。。。。。頑張ろうな。。。。

 

 

 

【フラグ3 こちらの事情を無視】

f:id:sabamisoumai:20170725191257j:image

 

 大丈夫かどうかはこっちが決めることであって

お前が決めるんじゃねえ。。。

 

 

 

【フラグ4  日本語ミス】

 

純粋に日本語を間違えている場合も良くない。

いい歳した大人が「ゆうて」はやめてほしい。

 

 

 

【フラグ5  顔文字】

f:id:sabamisoumai:20170725192603j:image

  f:id:sabamisoumai:20170725192607j:image

 

これはもう、どんな顔文字なら良くて、どんな顔文字なら良くないとかの正解はないけれど、とにかく、顔文字を使いまくることは避けるのが無難だろう。

  

「^ ^ 」

顔文字の中でもこれは特になんとも思わず無難だが、たまに狂ったように文末につけるやつがいる^ ^

ニコニコしすぎて狂気を感じるからやめてくれ^ ^

 

顔文字の使用は気を遣った結果だろうが、過度な使用が好印象に繋がった例を聞いたことはない^ ^

 

 

こういうとき変に粘らずに「残念だな。また誘うね!」とかの人の方がモテる気がする。

知らんけど。

誰か誘ってくれ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

次はこれ。

 

f:id:sabamisoumai:20170725193648j:image

 

  

 

【フラグ6 尊敬しがち】

f:id:sabamisoumai:20170725235113j:image

  

すぐ尊敬してくる人いるけど、本当は尊敬していないことがよくある。

 

類似例としては

「まじですごいわ〜笑」

 

ここで言いたいのは

「ほんと尊敬するわ」等の褒め言葉の裏にある「(よくそんなに頑張れるよね、頑張るの俺は無理だわ)」

みたいな、自分は安全な立ち位置から観察して少し斜に構えた態度を含んでいるのがひしひしと伝わって来る感じ。

 

本当に尊敬したりすごいと思ったりしている場合もあるので、前後の文脈でそこは判断される気がする。

 

 

 

【フラグ7 なんかごめん笑笑】

f:id:sabamisoumai:20170725235325j:image

 

「なんかごめん笑笑」??

 

 は?

 

「なんか」ってなに???

 

墓穴掘ってしまったと思ってのごめんかもしれないけど、この文脈で「笑」つきで謝られるのもあんまりいい気分はしないし、それ以前に「まじかわら」とのダブルコンボこそごめんだわ。

 

 

 

 

 

 

そして最後に。

f:id:sabamisoumai:20170725235634j:image

 

 

 

【フラグ8 GPS機能搭載】

f:id:sabamisoumai:20170725235717j:image

 

どうでもいいならするな。

おまえにGPSつけた覚えはない。

 

会話がなくなったからこその現在地報告なのかもしれないけれど、聞いてない上に面白くない。

 

他のパターンとして 

「今○○の地元おるよ!笑」
「話変わるけど、××なうだよ(笑)」

のような例文もあるが、

 

地元の話を聞きたいならその旨を記して欲しいし、どこかで落ち合いたいなら、それが可能なくらいまで距離を縮めてからこういう発言をするべき。

 

その距離が縮まってもいないのに現在地報告するやつ もう Good night

 

 

 

 【フラグ9 知らんがな】

f:id:sabamisoumai:20170726000339j:image

 

 知らんがな。

 

 

お前の現状や感情はどうでもいいし、オチのない事実を述べる資格があるのは彼氏、もしくはお互いに好意があることが自明な場合だけだよ気付けよ。

 

モテる友人が言っていました。

「 オチのない事実のみを述べていいのは彼氏になってから」

  

家訓にオススメです。

 

 

 

【フラグ10 いらぬ気遣い】 

f:id:sabamisoumai:20170727104314j:image

 

一方的な報告の後に

「〇〇ちゃんもね」という余計な気遣い。

 

しかもまた笑ってやがる。

 

こっちはつまらん報告のせいで刻々と楽しさ削られていっていることに気付け。

それこそが気遣い。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

色々述べさせていただきましたが、

男女の関係においてお互いに好意があるわけではないにも関わらず上記のようなやりとりをしてしまうと、せっかくの保有好感度からどんどん減点されてしまうことがあるみたい。

 

まだ相手の好意度合いがわからん場合は下手に内容の薄い連絡はせず、さっさと会って距離縮めた方が好印象っぽいです。

 

 

わたしも気になる人、好きな人と連絡を取りたいが故に上記のようなことやってしまいそう。。。。

 

気を付けよ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、

 

いくら顔文字使おうが、いくら笑の使い手であろうが、いくら現在地報告してこようが、いっくらつまらんオチのない話されようが、

相手が窪田正孝だったら喜んで飛びつきますけどね。

 

 

 

結局そこ。好きならなんでもいい。

 

 

 

29歳で高校生役に大きな違和感がない彼。

特技はポッピンダンス?というとにかくなんかすごいダンス。

 

しかもジムに行ってないのに引き締まった筋肉らしく、その文脈の中で彼が発した「ていうかジムとか嫌いですし」というこの言葉!!!

 

最高。ジム嫌いな窪田正孝最高。

 

あと、暗い役も多いし、大人しそうな見た目

なーのーに、

めっちゃ喋るし、めっちゃ笑顔可愛いし、めっちゃごはん食べる大食いなのも最高。

 

唐沢寿明が大好きで唐沢寿明にめちゃめちゃ懐いてるのも可愛すぎる窪田正孝最高。

 

ぜひ、この前のおしゃれイズムみてください。

 

www.youtube.com

 

まじで可愛いすぎて女性ホルモンどばどばです。

 

 

 

 

 

以上

友人各位、インターネットまとめサイト等、そして主にTwitterの「暇な女子大生に憧れる遊んでますよ系」、「スーツリーマン大好き♡女子大生♡系」の裏アカウント

 

彼女たちのリアルな情報提供に感謝して締めくくらせていただきます。

 

 

 

 

 

夏、甘酸っぱい恋しよ?

 

 

 

人間は弱い。菌には勝てない。

  

 

 

先週の金曜日、いつも通りの朝なはずだった。

 

少しのだるさを感じた以外は。

 

 

 

しかし私からすれば、朝起きてだるいことは特別なことではない。

というか私は朝に限らず、日常的にだるさと付き合っている。

 

だるいのがデフォルトであり、スッキリと目覚める朝の方が珍しい。

 

 

 

思えば、最近スッキリ起きたのは

前日に日本酒を飲みまくり泥酔した日くらいじゃないか。

 

 

最近福岡にできた「日本酒やまちゃん」という最高の店でおちょこ20杯分くらい最高の日本酒を飲みまくったあの日である。

 

 

 

 

「日本酒やまちゃん」は東京、新宿に元々あった店だそうだが、

今年の3月に福岡に移転している。

移転なので、もう東京にはない。

 

 

ははははは!!!なんでもかんでも東京にあると思ったら大間違いだ都民め!!!!!!!ざまあみろ!!!!!!!

 

東京を捨てて福岡に来たという事実だけでこの店に好感を持てるが、

よく考えると私も来年からエセ都民になるので、東京にも優しくしなければならない。

が、今は福岡にいるのでシンプルに「ざまあ」と思う。

 

 

 

 

3240円で100種類以上の日本酒を楽しめるこのお店は飲酒好きにはたまらない。

1人2つおちょこが渡され、セルフサービスで自由に好きな日本酒を飲むことができる。

 

それだけでも魅力的だが、ここの素晴らしさは持ち込み可能システムだ。

途中で買い出しにも行ける。

 

近所の岩田屋三越、大丸など20時閉店のデパートはだいたい19時から19時半の間にセールを開始するので、そのタイミングを見計らって食べ物を購入し、その足でやまちゃんに向かうことをお勧めする。

デパ地下のおいしいおかずを肴にうまい日本酒を時間を気にせず飲む。

 

 

 

f:id:sabamisoumai:20170706021043j:plain

電子レンジ、プレート、たこ焼き器などがあり、自由に使える。

 

 

 

 

f:id:sabamisoumai:20170706020449j:plain

店主のやまちゃんに聞けば色々教えてくれる。優しい。

 

 

 

 

 

店の内装は簡素で、一瞬「会議室か?」と思わされるが

実はそれが逆に良いのだ。

 

会議室で泥酔しているという妙な背徳感に興奮して更に気持ちよく酔うことができる。

ここ、やまちゃんでこの思考法で酔ったことがあるのは恐らく未だ私しかいないのではないだろうか。

 

会議室でろくに会議をしたことがないと、会議室に漂う厳格な空気感を勝手に妄想し、より強い「してはいけないことをしている感」を味わうことが出来るため、

私のように特に会議室での会議と縁がない生活をしている人にこそおすすめの酔い方である。

 

 

f:id:sabamisoumai:20170706020455j:plain

22時から突如始めたたこ焼き。

酔った末にインスタのストーリーに「へへへ」付きで焼きかけのたこ焼き(と思わせて具はカニカマとキャンディチーズ)を結構頭にくるテンションでアップしていたのでそのスクショ。

 

 

 

 

単純に日本酒が好きな人にも、

会議室で泥酔したいという内なる欲望を秘めた人にも、

会議室に縁はないがとにかく楽しく気持ちよく酔いたいという人にもお勧めできる店「日本酒やまちゃん」

 

 

 

 

店の場所は少しわかりにくいが、

なんとGoogle mapを使えばすぐにたどり着くことができる。

Google mapを使えない人は私を誘っていくという手もあるので、どちらか2パターンから選んでぜひ訪れてみてほしい。

 

yamachan55.com

 

 

 

 

こんなにおすすめしているにも関わらず、

私はまだ1度しか訪れていないのだが、

それ以来勝手に日本酒を大量に飲むと翌日スッキリ目覚められると信じ込んでいるため、翌朝大事な予定がある日は積極的に日本酒を摂取していきたいと思っている。

 

とはいえ基本的に暇なので中々朝から大事な予定を入れている日はなく、

日本酒を意識して大量摂取する日も今のところない。

 

 

従って朝にスッキリ目覚める日もほとんどない。

 

 

 

だから先週の金曜日も特にだるさに違和感を抱くことなく起床し、家を出る支度を始めた。

 

だるい上にやたらと汗も出たが、

夏に汗が出るのは特に珍しいことではないので気にせずに支度を進めた。

 

 

そして、仲の良い友達との「昼から焼肉」という年に1度あるかないかのかなり贅沢な予定を終え、

バスで大学に向かう最中に寒気がした。

 

 

f:id:sabamisoumai:20170706021825j:plain

写真を撮るのが壊滅的に下手なので、「おいしく」の加工に全てを委ねた。

ここは予約しないと昼でも並ぶまじでおいしい焼肉。

 

 

 

 

だが、夏になるとやたらと冷房を利かす西鉄バスの極端な気遣いに慣れていた私は特に気にしなかった。

 

西鉄バスが夏期は空調に関して極度のサービス精神を発揮するということは、

西鉄バスユーザー、特に年中西鉄バスを利用するエコラー*¹には周知の事実である。

 

そのため、車内で鳥肌が立ち、寒気を感じることには特に疑問を持たなかった。

 

 

*1 福岡の学生なら知らない人はいない「エコルカード」の使い手のこと。エコルカードは学生に限り月7000円出せばでバスに乗り放題可能になる魔法のカード。(乗り放題エリア範囲は限定されてある)

www.nishitetsu.jp

 

 

 

 

しかし、大学に着き、冷房の利いていない廊下を歩いているにも関わらず悪寒は止まらなかった。

 

いつから大学は心霊スポットになったのか2秒ほど考えたが、

それはシンプルに怖いし、今後の残り僅かなキャンパスライフを怯えることなく快適に送りたいので

思考を急停止させて他の可能性を考えた。

 

 

 

①先程の焼肉で食中毒になった

 

②ここに来るまでにすれ違った”誰か”に気付かないうちに新種のウイルスXをうちこまれ感染した。

 

③風邪をひいた

 

 

 

 

①に関しては、寒気しかしない現状、そして胃は強いはずという自信から、

可能性は薄いと感じて却下。

 

 

②に関しては、もうこれは手の施しようがない。

私は幼き頃に母から刷り込まれた「怪しいと思ったら警戒し、近づかない」の教えに加え少年漫画の読みすぎで、挙動が少しでもおかしい人からは距離をとるか軽い助走をつけてものすごいスピードで通り過ぎるという行為が割と本気で身に付いているので、

それを持ってしても防げなかった感染はもうどうしようもないのだ。

 

相棒のジェイムズと共にワクチンを探しに旅に出る気力も体力もないので、もしウイルスXに感染していたとしたらもう諦めようと思った。

 

 

 ③は「自分はそこらの人間より体力がある」と信じている私にとって認めたくない可能性だが、この3つの可能性から考えると最も起こり得る出来事だ。

 

 

 

 

だが、私は帰らなかった。

 

 

 

 

 

なぜなら「言うて風邪とかならんタイプやろ!」と自分を過信していたからだ。

 

 

 

 

過信して4時間経過し、午後6時。

 

まじで寒いしきついし普通につらかった。

 

 

 

仕事終わりの母親に頼んで大学まで迎えに来てもらい、

家に着いてからはすぐに化粧を落とし、コンタクトを外して、ベットに倒れこんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

溶連菌でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日に研究室の大切な予定があったので、

普段絶対にすぐには行かない病院に行ったところ、

長い綿棒のようなものを喉の奥に容赦なく突っ込まれて検査された。

 

 

 

 

喉がめちゃくちゃ痛いし熱はでるし、予定はぶっつぶれるし。

 

 

「やられた」

 

 

敗北感で一杯だった。

 

 

 

 

 

薬を飲んですぐに熱は引いたが、

喉の痛みと遅れてやってきた鼻づまりがまたタチが悪い。

 

 

 

大好きな会話と、大好きな飲酒ができない。

鼻詰まりのせいでまともに寝られない上に、味覚を失い食事の楽しみが奪われる。

 

 

 

 

 

あぁ、やっぱり人間、「菌」には敵わないな。

 

自分は如何に無力なのか痛感した。

 

 

 

 

 

 

 

 

今ではもうとっくに熱も引いて元気になったが、

少し前までは鼻詰まりにしつこく悩まされた。

 

 

 

顔の中心に位置するひときわ目立つ突起物、「鼻」にある二つの穴から空気を吸い、そして出すことができる。

 

 

ただそれだけの動作、いや動作と改めていうような行為でもない。

 

 

 

 

これは「当たり前」である。

 

 

 

 

「当たり前のことが当たり前にできる幸せ」

 

 

 

 

あらゆる感想文で使い回されてきためちゃめちゃ薄っぺらい例文だが、溶連菌にはこういう薄っぺらいことしか言えなくなるという副作用があるので許して欲しい。

 

 

鼻詰まりがない人生の素晴らしさ、日常の美しさに想いを馳せた。

 

 

 

 

 

 

 

 

熱が出たりすると 気付くんだ 僕には体があるって事

鼻が詰まったりすると 解るんだ 今まで呼吸をしていた事

君の存在だって 何度も確かめはするけど

本当の大事さは 居なくなってから知るんだ

 

 

 

 

あぁ藤原基央。我らが基央。

貴方がsupernovaでうたっていたのはこういうことなんだね。

 

 

 

 

ありがとう藤原基央

そしてBUMP OF CHICKEN

 

 

昨日5日に配信リリースされた新曲『記念撮影』も最高です。

 

 

youtu.be

 

 

 

再来月、幕張に会いに行くよ藤原基央

 

 

 

 

 

今度は自分を過信しすぎないよ。

ちゃんと毎日手洗いうがいするし、寝るときは忘れず冷房消すし、食事も栄養バランスよく摂るように心掛けるし、定期的な運動も取り入れて体力作りに励むよ。

 

 

 

 

 

9月16日幕張~~~!!!!!

待っててくれBUMP OF CHICKENーーーーーー!!!!!!

 

 

 

可愛い女の子の可愛さを噛みしめることは私の生きる知恵

 

 

 

 

可愛い女の子はみんな好きだよね。

私も好きです。

 

 

 

どんな子がタイプかといわれたら、華奢な子。

華奢で気が強い顔の子がいい、、

できれば中性的な顔だと尚いい。

いやでもぶりぶりのメルヘンちっくなthe女の子って感じの顔も好き。

 

 

そしてできれば成り上がりのかわいい子が個人的にはうずうずする。 

この成り上がりって言葉はめちゃくちゃ褒め言葉です。

 

 

元から美人、元から可愛い子、

つまり、純可愛い子はもう次元が違うというか、好きですけど、うずうずはしないというか。

 

どちらもずっと見ていたいのはかわらないけど、

努力して努力して可愛くなった子ってめちゃくちゃ強くてかっこいいなと思う反面で、たまに吐く弱音みたいなのが結構重くて。

 

 

「こんなに闇抱えていたのか~、でも頑張って可愛くなって、一切闇を感じさせない可愛さを手に入れてるのね。

こんな華奢な身体に綺麗な肌に、そんなパワーも秘めていて本当にすごい。

可愛いだけではなくかっこいいわ好きだわ。。」

 

って思いながら日々彼女たちのかわいい自撮りにいいね!しているんですわ。。

 

私のフォローしている一般人かインスタグラマーか、アイドルか、読者モデルなのか、

よくわからないけどとにかく可愛いインターネットにいる女の子たちの投稿から勝手にそう感じているので、

まぁ本当に闇を抱えているかどうかなんてのは半分想像でしかないけれども。ははは

 

 

それにもちろん元々可愛い子も努力はしていないかというとそれは違って、

少なからず努力している人が私の身の回りには多いので、

可愛いにはそれなりに理由があると思う。

 

 

でも特に何もしていないのに可愛いのもまたいい。

 

普通に日常を送っていてそんなに可愛いなんてやっぱり血液?骨?身体のありとあらゆる成分から可愛いがつくられているのか!!!

 

圧倒的な可愛いに神秘を感じるでしかない。

 

 

 

 

 

 

でも、こういう話をしていると

 

「ハイハイ、

女の言う可愛いはどうせ自分が可愛いっていってもらいたいからでしょ」

 

こんなひねくれまくった戯言をいう人がいるわけ。

 

 

可愛い女の子に可愛いという発言は別にその対価を求めているわけではない。

 

 

別に自分へのブーメラン求めてないというか、

 

「あの子可愛いよね」

「でも○○ちゃんも可愛いよ」

 

いやいやそういうことではない。

 

 

 

 

その「でも」とはなんなのか?

 

人の優れているところ、長けているところを見つけたなら、

一度それを咀嚼する時間をとって、味わっていきましょうよ〜!

 

すぐに「では、あなたはどうなの!???」

もうこのブーメラン速すぎる。

 

 

 

 

 

「比べない、待つの。」

 

 

 

 

 

私の中の全ちえみがこういうように、

 一回飲み込んで、その可愛い女の子の可愛さを味わって欲しい。

 

 

 

可愛い女の子は、可愛い。

 

 

 

この事実をみんなで噛み締めましょう。

めちゃめちゃ幸せになると思う!!

 

 

 

 

 

 

それと同じように、

 

「あの人はすごいな」と感じたとき、

「それに比べてわたしは…」

 

と急カーブのブーメランをぶん投げるのではなく、

 

 

ひとまずそのすごいなという気持ちを大切にして、そのすごさを感じて、味わってみる。

 

 

それで、可愛い女の子の投稿をいちいちチェックして、「可愛い…いいねすぎる…」と思うのと同じように、

 

すごいなと思う人の考え方やそのルーツをいちいちチェックして、「すごい…すごすぎる…」と思い、

 

可愛い女の子が使っている可愛いメイクを参考にするのと同じように、

 

すごい人のすごい習慣とか、考え方とかを参考にするのは

 

 

人と比べて無駄に落ち込みがちなところが(実は)ある私にとっての楽しく生きる知恵。

 

 

最近毎日見ている話題の美少女、「やね」ちゃんを見ながら発見した知恵でした。

 

 

f:id:sabamisoumai:20170629181316j:image

やねちゃん。見て?可愛すぎるよね。

18ですよ!?これからもっともっと可愛くなるだろうにもうこの出来!!!!

 

華奢で細い脚に網タイツというまずこの服装が最高だし、露出すごいけどスレンダーで華奢だから健全なエロリズムだし、この体勢だから微妙にお腹に線がはいってるのも女の子らしさを感じられて最高だし、重心が後ろで、ヒールでしか地面と設置していないつま先浮いているあたりも最高だし、こんなに狙っているポーズなのに目線を外しているあたりも最高。

 

↓やねちゃんに関する記事です。

最高だからみて。

kai-you.net

 

 

そして彼女のツイッター

@yanemint です。

 

は?やねミント?ミント似合いすぎる。

ミントは彼女のために作られた植物なのかな??

やねちゃんのおかげで生まれて初めてミントに可愛いさを見出せました。

 

 

 

 

 

 

ちなみに私は可愛いと言われたら、

大抵好きになります。ください。

 

 

女性トイレに行列ができる3つの理由 ~イマ明かされる、個室での真実~

 

 

 

 

 

「一生のうちにトイレで過ごす時間は3年。しかし女は5年。」

  

 

 

 

これはあまりにも有名すぎる言葉で改めて触れるまでもないことかもしれない。

 

しかし本当に女はトイレが長い。それも個室が長い。

それ故、繁華街に位置する女性トイレには大抵の場合は行列ができている。

 

 

 

果たして男性諸君は知っているのだろうか。

女性はパウダールームへの滞在時間以前に個室滞在時間が長いことを。

 

 

女性トイレ、実は個室の回転率がめちゃくちゃに悪い。

半分くらい回転していない。常に並んでいる。

 

 

 

おい、ここはBAKEか?天神地下街のBAKEか??

BAKE、できて1年以上経つのに未だに土日は並んでいる。平日でこそ少しは並んでるしすごい。焼きたてをアピールするために焼くのに使う鉄板ごと出しているそう。だからあんなにいい匂いがするのか、何よりあの焼きたてタルトがずらーーっと並んでいるの見るだけでおいしそうだし、本当に美味しい。私はタルトの台の部分が大好きなのですが、BAKEは土台はもちろん、その上のチーズもうまい。フルーツが嫌いだからタルトは食べられないことが多いんだけど、その点も安心できる。シンプルにチーズ攻めしており最高!!

 

f:id:sabamisoumai:20161118223906j:plain


 

 

ちなみにBAKE、最近は新ブランドでRINGOというお店も出している。

池袋、川崎店に次ぐ第3店舗目がなんとここ、我らが福岡の地に!!!!!

しかもまた天神地下街、通称「てんちか」に!!!!

 

RINGOは焼き立てアップルパイのお店なんですが、もうこれが!!はちゃめちゃに美味しい!!! 

144層という驚異的な層数の自家製パイ生地に包まれた2センチ角のごろっとしたリンゴ、そして北海道産のミルクを使ったなめらかなカスタードクリーム!!最高にして最強の組み合わせです!!!巡り合ってくれてありがとう!

 

ringo-applepie.com

 

ここは今1年前のBAKEのように、いや、それ以上に多くの人が並んでいる。

販売に焼き上がりが追いつかず、販売見合わせ状態にも関わらず多くの人がRINGOを求めて並んでいる。

わたしは運よく池袋と川崎で購入し、今までに計3個頂きました。

福岡ピープルの皆さんにもぜひご賞味いただきたい!!!!!

 

行列を乗り越えたその先には、

美味しい美味しいアップルパイが待っているのだから。。。。

 

 

 

 

 

 

 

しかし女子トイレは並んだ対価としてBAKEのチーズタルトやアップルパイを食べられるわけでもない。

 

ただ排泄行為のためだけに並ぶはず、、RINGOの焼き上がりを待つわけではない、、

 

なのになぜこんなに時間がかかるのか?行列ができるのか?

 

 

 

この疑問を解消するべく簡易的なアンケートを約1年前にとっていた。

 

f:id:sabamisoumai:20161118223604j:plain

 

(私の数少ないフォロワーの協力の元、Twitterのアンケート機能使って調べたためデータとして正確ではないが…)

 

 

回答結果より、

女性の個室での本来の用途以外の行為が大きく3つあることが判明した。

 

 

 

①化粧直しと身だしなみを整えるために使う 40%(約88人)

 

なんということでしょう。

トイレ個室での行為として最も多い行為、それは化粧直しと身だしなみ整え。。。

 

 

 

個室に入る前に 言っておきたいことがある

かなり厳しい話もするが 私の本音を聴いておけ

化粧直しはパウダールームでしろ

身だしなみは個室を出て整えろ

心配せずとも大丈夫 いつもきれいだから

そのままの姿で かまわないから

 

 

 

思わず女子トイレ宣言したくなる、驚くべき結果に。

 

ちなみに友人曰く、

納得のいくキャミソールインに時間がかかる

とのこと。

 

確かに服装によっては納得できる。

予想だがこれは男性でいう「チンポジが中々定まらない」なるものと同じ理屈ではないかとおもう。

 

 

 

 

 

 ②それ以外 19%(約42人)

 

この層は一体何をするのか?

 

具体的行為を伺ったところ

 ・(花粉症の季節は特に)鼻をかむ

スマホをいじる

・申し訳ないと思いつつもトイレの電源を使って充電

 などの意見を頂いた。

 

なるほど。

「なるはやで個室トイレを出よう運動普及委員会」に属する私でも「鼻をかむ」行為には頷ける。

鼻かんだら化粧とれるしね。かんだ後のティッシュのやり場にも困るしね。 

 

充電するという回答をしてくれた友人は「流石に並んでいたらしない」ということだったが、並んでいるときに充電などしようものなら即刻地獄行き決定である。

その罪は死しても尚つきまとうこと間違いなし!

 

 

 

 

 

 

③ひと休み 18%(約39人)

 

いつからトイレは心休まる休憩所になったのだろうか。

 

 

私が20年の歳月をかけて構築したトイレ像はなんと薄っぺらいものだったのだろうか。

否、この回答結果は人々にとってトイレくらいしか心休まる場が存在しないという生きづらい現代社会の表れなのかもしれない。

 

 

確かに個室トイレの便座に座る瞬間は、

衣服による下半身の締め付けから解放されてリラックスできる。

今か今かと待ち焦がれた先にある空間で無事に事を経た後にはカタルシスが押し寄せるものだろう。

 

しかし、意図的にひと休みの場として利用する人がこんなにも多いとは。

 

 

 

 

 

 

 

個室トイレでひと休みする人もいれば、化粧直しをする人もいる。

 

変容するトイレのあり方を突きつけられた調査結果であった。

 

 

 

 

ここまで細々と地味にトイレについて考えていたわけだが、最近この考察に極めて似た記事を発見した。

 

それは「何故女性トイレは行列ができやすいのか」という質問に対するTOTOの回答を書いたライブドアの記事だ。

やはり、同志はいた!!

 

 

TOTO様によると

・女性は男性に比べ衣類の着脱、トイレットペーパーの使用が必須であり、そもそもの個室滞在時間が長い。

・女性トイレは全個室化が必須であり、個室は男性の小便器に比べ面積をとるためおのずと設置される器具数が少なくなる。

 

つまり、「利用実態と器具数のアンバランス」が原因だそうだ。

 

 

そして、極め付けはこの記事の記者によるこの一言

 

「トイレは椅子付きの個室休憩所」

 

 

 

 

この一言に現代の女子トイレのあり様が集約されているといっても過言ではない。

 

news.livedoor.com

生まれて初めて秋葉原のAVショップを3軒ハシゴした話①

 

1か月前くらいの話。

 

たまたまタイミングがあってAVショップに行ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまたま

 

 

(就活での東京滞在時期と、ずっと気になっていたリディラバ*¹のツアー日程が重なり、しかもツアーテーマも関心のある内容で「これは参加するしかない」と思い、即申し込んだら運よく参加出来た。そして、そのツアーの行程で)

 

 

AVショップに行ってきた。

 

 

 

*¹「社会の無関心を打破する」という言葉を掲げ、社会問題に触れられるツアーを実施している団体。詳しくはリンク先を!!

 

 

 

 

 

 

そのツアーのテーマは

秋葉原で「人権被害」を考えるツアー』

AV出演被害、児童ポルノ、児童買春などの主に若年女性の性的搾取ビジネスを考えるというもの。

 

 

 

今までそういう性的搾取に関するニュースを聞くたびに、何とも言えない嫌悪感を抱いていたが、同時にどこか非現実的な話のようにも感じていた。

 

個人的にはAV女優=エロをメインに売る女優・アイドルという認識で、

そこで被害にあって苦しんでいる人がいることや、たまに聞く「堕ちた」職業だという認識は特になかったからだ。

 

 

 

というのも、最初に知ったAV女優はこの人。

 

f:id:sabamisoumai:20170517182412j:plain

Twitter @asukakiraran より)

 

明日花キララ。可愛いー!!!

 

 

 

 

女子校の友達の友達が画像をSNSにあげており、「可愛い!誰!?」と思って調べたらAV女優。

他には例えば紗倉まなも「顔可愛い」から入って、調べたらAV女優だった。

 

「AV女優」という職があることは知っていたものの、その職に就いている具体的な女性を知らなかった私は衝撃を受けた。

 

 

 

 

「こ、、、こんなに可愛いのか、、、」

 

 

 

恐らくこの例に挙げた2人は女優の中でも人気のある稼げている方たちだとは思うが、それにしても可愛いしスタイルもいい。

 

この瞬間から、私のAV女優に対する認識は「よくわからんけど怪しくていかがわしい職業」から

こんな可愛い人たちがいる世界、芸能界と同じで誰でも生き残れるわけじゃない…

 

すなわち「それなりにプロ意識を持たないと厳しい職業」に変わった。

 

 

 

とはいえ、この認識の変化についても、AV女優についてもこれ以上考える機会もなく、人と話す機会もなく特に気にすることもなかった。

性やエロに関することに触れるのはなんとなく恥ずかしいことで、 触れてはいけないことだという意識があったから。

 

だけど大学入学後、あらゆる社会問題を知る中で貧困とセックスワークの関係や人権被害などをぼんやり考えることもあり、それと同時にAV女優の認識もまた少しずつ変化していった。

 

 

 

だからこそ今回のリディラバのツアーはもっとこのテーマについて考えるきっかけにできると思った。

実際にAVはどういうプロセスでつくられて、どういう形で消費者まで届けられているのか、現場を見たいと思った。 

 

そして、出演被害にあっている人がいるという(出来ればあまり見たくない)事実を実際にその被害者を知っている人から直接聞きたいと思った。

 

とにかくもっと知りたいという気持ちのままにツアーに参加した。

 

 

 

 

ツアーは

①性的搾取の実態を聞く講義

②商品化された性をみるべくAVショップへ行く

③参加者で感想共有、まとめ

 

という流れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

①性的搾取の実態を聞く講義

 

メインスピーカーとして話して下さったのは

主にポルノ被害にあった方への相談支援をする団体の支援員の方。

 

被害者の事例をいくつか紹介していただいた。

 

 

 

 

例えば、こんな事例がある。

 

ーーー

 

女子大生が芸能事務所のスカウトと称する人にしつこく声をかけられてスタジオに行き話を聞くことにする。

その女子大生は芸能界に少し興味もあり、かつ「仕事を選べるし、映像は秋葉原のごく一部の店舗にしか出回らない」という言葉を信じて、契約書にサイン。

学生証と保険証のコピーをとられる。

 

そして同時に宣材写真として上半身裸の写真をとられてその日は終わる。

 

しかし、よくよく考えるとこわくなり、その女子大生は契約をなかったことにしたいと連絡するものの

 

「もうスタジオ予約しているからキャンセル代300万かかるけど払える?」

「払えないなら親と学校に連絡するよ(保険証と学生証コピーで情報をとっている)」

 

という返事。

 

親や学校に知られたくないために警察にも相談できず、結局は事務所の言うがままに映像をとられて、しかも大型新人デビューとして売り出される。

 

ーーー

 

 

 

他にも、パーツモデルとして応募したがAV女優として契約させられた例など、

契約プロセスにはいくつかのパターンがあるらしい。

 

 

・ものすごく感じが良くて親切な人が声をかけてくる。

・「可愛い」と外見を何度も褒められる。

・事務所も清潔感のある明るい雰囲気で怪しさがない。

 

などの理由でとにかく安心できる雰囲気が用意されているということも聞いた。

 

 

 

上記の例は被害者の一例で、実際は他にも色々な契約の流れがあるのだろう。

 

じゃあAV業界すべてが悪いとか違法だとかの話に終始するのは違うと思っているが、

被害者がいることは問題だとおもう。

 

 

内閣府の最近の調査で、

契約に至った197人中73人が意に反する撮影被害にあったことが明らかになったが、

こんなにも数多くの人が傷ついたのかと思うと胸が痛む。

 

 

 

しかし、その講義の中では、業界側が言うには強要は特殊な例で

「女の子が望んでやった」「無理強いはしていない」 

という主張をしているという話も聞いた。

 

 

 

 

それが本当ならば矛盾しているじゃないかとも思ったし、

いや、そもそも被害者ももっと身を守る意識を持たないといけないとも思った。

 

 

 

話を整理すると、私は講義直後は

 

1.女の子に強要させているくせに「望んでしたこと」とトボけたことをいう事務所側ふざけるな〜!

 

2.女の子も自分の身は自分で守るべきでは?

 

ということを思ったのだ。

 

 

だけど、まず1については、

よくよく考えると強要ってどういうことだろうかと思うようになった。

 

あからさまに脅されて、恐喝されてということだけを強要とは言わないと思う。

男性に比べて女性はどうしても力が弱いし、体格も小さいことが多い。

自分よりも大きくて強い男性に囲まれるその状況を女の子が「恐怖」と捉えた瞬間から

例え強要したつもりがなくても女の子にとっては強要になるんだろうなと思う。

 

 

 

というのも

 

私は割と身長があるし、華奢でもないし、気も強い方だと思うので、

体格的な意味で日常生活において男性に恐怖心を感じたことはない。

(小6で163cm)

(加えて昔は足が速かったので、いざという時は逃げ切れるという変な自信があった。)

 

 

だけど、

初めて筋骨隆々かつ190センチくらいある男性を目にしたとき、その迫力に驚いた。

 

 

東京の満員電車で押しつぶされている小柄な女の子や、フェスで押しつぶされている友達からしたらこの迫力は日常的なものなのかもしれないと思うと、

男女で強要の認識にズレが生じても何らおかしくないと思った。

この見えにくい前提をもっと大切に問題を考える必要があるのかなあなんて思った。

 

 

※ちなみにこの考えに超似た意見があり、そうそうコレコレ!と思ったので載せておきます!

なんならこの記事読んだ方がわかりやすいかも、、、(笑)

“元出演者”としてAV出演強要問題について思うこと【カリスマ男の娘・大島薫】 | 日刊SPA!

 

 

 

そして、2自分の身は自分で守れという話。

 

これは性教育にもつながるところなのかもしれないけれど、

女子は男子に比べて圧倒的に性に関する話題を口にすることは少ない。

 

特に大学入学前、少なくとも私の周囲ではそうだった。

 

とすると、学校や家庭で性についての理解や、身を守るために必要な知識が養われると思うのだが日本の学校での性教育ではあまり養えないことが現状だと思う。

 

そして家庭でもその教えに差がでる。

 

中学のころ、キスで妊娠すると信じて疑わない友人がいた。

どういう性犯罪に巻き込まれる可能性があるのか、携帯小説で初めて知った友人がいた。

 

 

ぼんやりとでもいいから、

身を守るための知識をきちんと身につける必要があると思う。

 

 

ちなみに我が家にはこの本があった。

ベディーボガホールド作『とにかくさけんでにげるんだ わるい人から身をまもる本』

とにかくさけんでにげるんだ わるい人から身をまもる本 (いのちのえほん)

 

 

こういう本を使えば、

幼い子どもでもわかりやすく身を守るとはどういうことなのかが理解しやすいと思う。

 

 

 

被害に遭われた女性全員が身を守るための知識がなかったわけではないと思うが、

 

少なくとももう少し、

女性というだけで性被害にあう確率が高いことや、どういう風に巻き込まれるのか

を知っていれば、変わっていた事態が存在するのではないかと思った。

 

 

 

このように色々考えて、

 

女の子だけに「自己管理ができていなかったのが悪い」と押し付けるべきではないと自分の最初の考えを反省したのでした、、、

 

 

 

 

こんな感じで講義が終わり、

いざAVショップへ、、、!!

 

の話は、(既に4000字近くあり)余りに長くなりそうなので次回更新します!

自分探しの旅にインドに行く前に色々考えたので広い心と深い愛で全部受け止めて欲しい

 

何故人は自分探しをしたがるのだろう

 

何故人はそれをインドで探したがるのだろう

 

 

何故何故何故何故何故

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思っていたわたしも、自分探しをしたくなる症候群にかかった。

 

 

就活で「自分らしさとは?」みたいなことを考える場面を私は避けて通れず、思わず自分探しの旅に出かけたくなる衝動に駆られたのだ。

インドあたりに。

 

急に、自分とは???自己アイデンティティとは!??!

ないな!!!!!ないわけない探せ!!!みたいな。

 

 

それで仲いい友達に「私の長所と短所を述べよ」「私らしさとはなにか述べよ」みたいに図々しく聞いてみることをしたり、過去の日記なんかを読み漁ったりした。

 

でも、例えば高校と大学の友達に聞いたらそれぞれに違う「私」がいて混乱。

 

高校の日記(部活動で毎日書いていた日誌)をみたら、半分くらいはまるで私じゃない他人が書いたような内容。めちゃ自分に厳しいやんwちょっと盛るにしても引くくらいストイックやんwみたいな。

 

 

 

結局、「私はこういう人間です」という普遍的説明書はつくれず。

 

 

そのときは少し悩んだ。

 

 

 

おい!!私のトリセツは?!

西野カナ頼む!!作ってくれ!!!

 

 

 

西野カナは作ってくれない。

 

 

 

 

 

 

でもよくよく考えるとそんな万能トリセツはないと気が付いた。

 

 

だってそもそも自分の中に複数性があるのは当たり前だしな、と。

 

多分、

どんな場でも似たような態度をとれる人もいれば、場に応じて振る舞いが変わりやすい人もいて、自分の中にある自己の数が多いか少ないか、その差異が小さいか大きいかだけの話だろう。

 

 

この考えは結構腑に落ちていて、それぞれの場でのあらゆる自分の振る舞い、あらゆる態度、全て含めて「自分」だと思うことで「脱☆自分探し」ができた。

 

 

 

例えば、私@カラオケ は

 

歌の上手い人がいる、盛り上げる人がいるメンバーでカラオケに行くときはとにかく聞き役、聞いて盛り上げるに徹したい。

 

でも、盛り上げる人があまりいない、なんならカラオケ苦手みたいな人がいる場面ではとにかく歌って盛り上げたい。歌うのが苦手な人もせっかくならこの場を楽しんでもらいたいし、私も歌は上手くないのでその気持ちは少しは分かるし。

 

どちらの場でも私は嫌々しているわけではないし、どちらの場でも結構楽しい。

 

 カラオケという同じ行為の場であっても、その場の構成員が違えば異なる場となる。

それぞれに応じた私がいる。

 

最近カラオケに行ったのでカラオケでの自己の使い分けの例を出したけれど、他の場でもこのような使い分けはたくさんある。

 

 

 

 

場に応じた自己を使い分けることは当たり前で、この前提なしに自分とはなにかを考えてもそりゃ見つからない。

 

そして、この複数の自己の存在を前提としたとき、自分の思う自己に固執するあまりに場に反した自己を貫き通すことはその場を構成する一員として正しい振る舞いではないと思うようになった。

 

大切なのは、

色々な自己を使い分ける中でいくつかの居心地のいい場があるとしたときに、

その居心地のいい場を大切にしていくこと、大切にできる環境が用意されていることだと思う。

 

私は自分が楽だな、ここにいたいなと思うその感覚を大切にしていきたい。

 

 

 

 

西野カナのあのトリセツも「ダーリン(Darling )の前でのワタシ♡」のトリセツに過ぎない。

四六時中誰に対してもあんな思考の女はいくら可愛くても まず市場に出ない。

 

 

 

 

 

自分を探しに旅するくらいなら、自分がココだ!と感じる場をたくさん探したほうが新しい自己の発見があって面白いのかもなぁなんて思います。

 

 

 

その新しい場を自ら開拓していくということがあまり得意な方ではないので、自戒の意味も込めてやや偉そうな締めくくりをする、、こんな私だけど笑って許して、、、

 

 

 

東京の人混みから身を守るどころかむしろ人混みに希望を感じるための思考法

 

東京に来る度に人の多さにウンザリする。


なんなんだみんな家に帰ってくれ。密集度が尋常じゃない。街を歩くだけで疲れる。

 

東京の人の多さを想像できない可愛い福岡ピープルのために説明するとするなら、東京で体感する人口密度はバレンタインシーズンの三越8階の催事場くらいの人の多さである。
あれが常。東京の日常、、。

 

しかしそれでも我々は強く生きねばならない。人混みに揉まれてもたくましく毎日を生きる必要がある。


そのための画期的な思考法をここでは紹介したい!!

 

 

 

その思考法とは、

 

 

 

 

 

ここ東京に藤原基央が生きていることを思い出す。

 

 

 


これに尽きる。

 

これしかない。

 


藤原基央といえばわたしが愛して止まない、中学二年生から健気に愛し続けたBUMP OF CHICKEN のボーカルであるが、あの彼がここ東京にいると思えば人混みなんかなんのその。


彼がもしかしたらこの人混みのどこかに存在しているのかもしれない。いや、いる。確かに存在しているのだ。いないわけはない。わたしの半径10メートル以内にいなくともその範囲を広げていけば必ずいるはずである。


もしかしたらこの人混みの中に藤原基央が、、、?!!?

 

ウォーリーを探せ』もしくは『ミッケ!』を読んだことがある同胞なら理解できると思うが、まさにこの感覚で『藤原基央を探せ!』を無制限にできるのである。


そう、今は大海賊時代。ここは東京、イーストブルー。藤原基央という名の宝を探し出す旅は気付いたら始まっているのだ。海賊王になるしかないだろう。

 

 


それにこの思考法においては、藤原基央とわたしの間の物理的距離がいくらであろうと問題ではない。

本質はそこではないのだ。

 

わたしと物理的に接触可能な一般人(ここでは藤原基央ならびに好みの芸能人以外と定義する。例としては菅田将暉西島秀俊など。)が藤原基央と何らかの形で接触した後かもしれない。

 

音楽関係者や藤原基央が行きつけのケーキ屋(彼は甘いものが大好きらしいので、行きつけのケーキ屋があるという設定にした)の店員など彼と接触して間もない人間が隣にいるかもしれない。

 

 

 

これは間接キスならぬ間接藤原基央である。

 

 

 

わたしは21にもなるのに思考がまだ中二で止まっている部分があり、間接キスにも耐性がない。異性から「飲む?」などと直飲みしたペッドボトルなどをシラフで渡されようものなら恐らく動揺しまくる。

 

 

ーー ーー

 

「飲む?」


輝く笑顔、差し出される右手、そこにはポカリスエット。数秒前まで彼のその柔らかそうな薄い唇に触れていた飲み口が、今、目の前に。

「ありがとう、神木くん、、、」

 

そう。恋に落ちる。

 

 

 

ーーーー

 

 

とまぁこんな具合に。

 

そのため間接藤原基央にも同じように耐性がなく、興奮できる。


間接だろうとなんだろうと藤原基央と接触した人間とわたしが接触しているということはわたしも藤原基央と接触しているのである。

 

 

 

念のため自慢しておくと、

2014年のツアー「WILLPOLIS 2014」in 幕張メッセと2016年の「BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016"BFLY"」in 福岡マリンメッセ

で2度も藤原基央の手に触れた経験があるんですけどね!!!!!実は接触済みなんですけどね!!!!!

ハハハ!!

 

 

 

 

 

 

以上、何が言いたかったかというと

 

わたしは
もはや人混みに希望さえ感じられる。