MMオフィシャルブログ

大学生。福岡在住。よろしくお願いします。

生まれて初めて秋葉原のAVショップを3軒ハシゴした話①

 

1か月前くらいの話。

 

たまたまタイミングがあってAVショップに行ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまたま

 

 

(就活での東京滞在時期と、ずっと気になっていたリディラバ*¹のツアー日程が重なり、しかもツアーテーマも関心のある内容で「これは参加するしかない」と思い、即申し込んだら運よく参加出来た。そして、そのツアーの行程で)

 

AVショップに行ってきた。

  

 

*¹「社会の無関心を打破する」という言葉を掲げ、社会問題に触れられるツアーを実施している団体。詳しくはリンク先を!!

 

 

 

 

そのツアーのテーマは

秋葉原で「人権被害」を考えるツアー』

AV出演被害、児童ポルノ、児童買春などの主に若年女性の性的搾取ビジネスを考えるというもの。

 

今までそういう性的搾取に関するニュースを聞くたびに、何とも言えない嫌悪感を抱いていたが、同時にどこか非現実的な話のようにも感じていた。

 

個人的にはAV女優=エロをメインに売る女優・アイドルという認識で、

そこで被害にあって苦しんでいる人がいることや、たまに聞く「堕ちた」職業だという認識は特になかったからだ。

 

というのも、最初に知ったAV女優はこの人。

 

f:id:sabamisoumai:20170517182412j:plain

Twitter @asukakiraran より)

 

明日花キララ。可愛いー!!!

 

 

 

 

女子校の友達の友達が画像をSNSにあげており、「可愛い!誰!?」と思って調べたらAV女優。

他には例えば紗倉まなも「顔可愛い」から入って、調べたらAV女優だった。

 

「AV女優」という職があることは知っていたものの、その職に就いている具体的な女性を知らなかった私は衝撃を受けた。

 

 

 

 

「こ、、、こんなに可愛いのか、、、」

 

 

 

恐らくこの例に挙げた2人は女優の中でも人気のある稼げている方たちだとは思うが、それにしても可愛いしスタイルもいい。

 

この瞬間から、私のAV女優に対する認識は「よくわからんけど怪しくていかがわしい職業」から

こんな可愛い人たちがいる世界、芸能界と同じで誰でも生き残れるわけじゃない…

 

すなわち「それなりにプロ意識を持たないと厳しい職業」に変わった。

 

 

とはいえ、この認識の変化についても、AV女優についてもこれ以上考える機会もなく、人と話す機会もなく特に気にすることもなかった。

性やエロに関することに触れるのはなんとなく恥ずかしいことで、 触れてはいけないことだという意識があったから。

 

だけど大学入学後、あらゆる社会問題を知る中で貧困とセックスワークの関係や人権被害などをぼんやり考えることもあり、それと同時にAV女優の認識もまた少しずつ変化していった。

 

だからこそ今回のリディラバのツアーはもっとこのテーマについて考えるきっかけにできると思った。

実際にAVはどういうプロセスでつくられて、どういう形で消費者まで届けられているのか、現場を見たいと思った。 

 

そして、出演被害にあっている人がいるという(出来ればあまり見たくない)事実を実際にその被害者を知っている人から直接聞きたいと思った。

 

とにかくもっと知りたいという気持ちのままにツアーに参加した。

 

ツアーは

①性的搾取の実態を聞く講義

②商品化された性をみるべくAVショップへ行く

③参加者で感想共有、まとめ

という流れ。

 

 

 

 

 

①性的搾取の実態を聞く講義

 

メインスピーカーとして話して下さったのは

主にポルノ被害にあった方への相談支援をする団体の支援員の方。

 

被害者の事例をいくつか紹介していただいた。

例えば、こんな事例がある。

 

ーーー

 

女子大生が芸能事務所のスカウトと称する人にしつこく声をかけられてスタジオに行き話を聞くことにする。

その女子大生は芸能界に少し興味もあり、かつ「仕事を選べるし、映像は秋葉原のごく一部の店舗にしか出回らない」という言葉を信じて、契約書にサイン。

学生証と保険証のコピーをとられる。

 

そして同時に宣材写真として上半身裸の写真をとられてその日は終わる。

 

しかし、よくよく考えるとこわくなり、その女子大生は契約をなかったことにしたいと連絡するものの

「もうスタジオ予約しているからキャンセル代300万かかるけど払える?」

「払えないなら親と学校に連絡するよ(保険証と学生証コピーで情報をとっている)」

 という返事。

 

親や学校に知られたくないために警察にも相談できず、結局は事務所の言うがままに映像をとられて、しかも大型新人デビューとして売り出される。

 

ーーー

 

 

 

他にも、パーツモデルとして応募したがAV女優として契約させられた例など、

契約プロセスにはいくつかのパターンがあるらしい。

 

・ものすごく感じが良くて親切な人が声をかけてくる。

・「可愛い」と外見を何度も褒められる。

・事務所も清潔感のある明るい雰囲気で怪しさがない。

 

などの理由でとにかく安心できる雰囲気が用意されているということも聞いた。

 

 

上記の例は被害者の一例で、実際は他にも色々な契約の流れがあるのだろう。

 

じゃあAV業界すべてが悪いとか違法だとかの話に終始するのは違うと思っているが、

被害者がいることは問題だとおもう。

 

内閣府の最近の調査で、契約に至った197人中73人が意に反する撮影被害にあったことが明らかになったが、こんなにも数多くの人が傷ついたのかと思うと胸が痛む。

 

しかし、その講義の中では、業界側が言うには強要は特殊な例で「女の子が望んでやった」「無理強いはしていない」 という主張をしているという話も聞いた。

 

それが本当ならば矛盾しているじゃないかとも思ったし、いや、そもそも被害者ももっと身を守る意識を持たないといけないとも思った。

 

 

話を整理すると、私は講義直後は

 

1.女の子に強要させているくせに「望んでしたこと」とトボけたことをいう事務所側ふざけるな〜!

 

2.女の子も自分の身は自分で守るべきでは?

 

ということを思ったのだ。

 

 

だけど、まず1については、

よくよく考えると強要ってどういうことだろうかと思うようになった。

 

あからさまに脅されて、恐喝されてということだけを強要とは言わないと思う。

男性に比べて女性はどうしても力が弱いし、体格も小さいことが多い。

自分よりも大きくて強い男性に囲まれるその状況を女の子が「恐怖」と捉えた瞬間から例え強要したつもりがなくても女の子にとっては強要になるんだろうなと思う。

 

 

 

というのも

 

私は割と身長があるし、華奢でもないし、気も強い方だと思うので、体格的な意味で日常生活において男性に恐怖心を感じたことはない。

(小6で163cm)

(加えて昔は足が速かったので、いざという時は逃げ切れるという変な自信があった。)

 

だけど、初めて筋骨隆々かつ190センチくらいある男性を目にしたとき、その迫力に驚いた。

 

東京の満員電車で押しつぶされている小柄な女の子や、フェスで押しつぶされている友達からしたらこの迫力は日常的なものなのかもしれないと思うと、男女で強要の認識にズレが生じても何らおかしくないと思った。 

 

この見えにくい前提をもっと大切に問題を考える必要があるのかなあなんて思った。

 

※ちなみにこの考えに超似た意見があり、そうそうコレコレ!と思ったので載せておきます!

なんならこの記事読んだ方がわかりやすいかも、、、(笑)

“元出演者”としてAV出演強要問題について思うこと【カリスマ男の娘・大島薫】 | 日刊SPA!

 

 

 

そして、2自分の身は自分で守れという話。

 

これは性教育にもつながるところなのかもしれないけれど、女子は男子に比べて圧倒的に性に関する話題を口にすることは少ない。

 

特に大学入学前、少なくとも私の周囲ではそうだった。

 

とすると、学校や家庭で性についての理解や、身を守るために必要な知識が養われると思うのだが日本の学校での性教育ではあまり養えないことが現状だと思う。

 

そして家庭でもその教えに差がでる。

 

中学のころ、キスで妊娠すると信じて疑わない友人がいた。

どういう性犯罪に巻き込まれる可能性があるのか、携帯小説で初めて知った友人がいた。

  

ぼんやりとでもいいから、

身を守るための知識をきちんと身につける必要があると思う。

 

ちなみに我が家にはこの本があった。

ベディーボガホールド作『とにかくさけんでにげるんだ わるい人から身をまもる本』

 

とにかくさけんでにげるんだ わるい人から身をまもる本 (いのちのえほん)

とにかくさけんでにげるんだ わるい人から身をまもる本 (いのちのえほん)

 

  

こういう本を使えば、幼い子どもでもわかりやすく身を守るとはどういうことなのかが理解しやすいと思う。

 

 

あと研究室の先生から教えてもらった本、強要と感じないような強要や身を守ることの困難さについて結構詳しく書いてあるこの本もおススメです。子ども向けではないけれども。

モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない

モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない

 

 

  

被害に遭われた女性全員が身を守るための知識がなかったわけではないと思うが、少なくとももう少し、女性というだけで性被害にあう確率が高いことや、どういう風に巻き込まれるのかを知っていれば、変わっていた事態が存在するのではないかと思った。

 

 

このように色々考えて、女の子だけに「自己管理ができていなかったのが悪い」と押し付けるべきではないと自分の最初の考えを反省したのでした、、、

 

 

こんな感じで講義が終わり、いざAVショップへ、、、!!

 

の話は、(既に4000字近くあり)余りに長くなりそうなので次回更新します!